-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-07 02:45 | カテゴリ:レッスン・練習
昨日は朝からhuman note合同練習、14:00からは、いよいよ一般参加者を交えてのフルゴスペルの練習がありました!

今回から、自分たちの歌う姿を客観的に見てみようということで、ステージで歌っている姿をビデオ撮影→その場でチェック!を行っていくことになりました‼ で、そのカメラマンに「輝」みかちゃんの“マネージャー!”じゃなくって、旦那さまが任命されました~ 「輝」のライヴでは、かかさずビデオを撮ってくださる、私たちにとって無くてはならない方です 先生の話によると、近々なんちゃん、もんちゃんの旦那さまと3人でユニットを組むとか・・・? 実現を楽しみにしてますね☆

合同練習での先生のコメントです。。。

I'm Available To You
他の曲でも同様ですが、何でここはウィスパーで歌うか?何でここで止まって歌うか?シーンごとの意味を考えて歌うようにする。これを理解していないと観客に“おゆうぎ”しているように映ります。
「You You You」の前、サビ2回目のMy strage~ I am available to you←強く歌う&クレッシェンド

みんなトモダチ
コーラス部分は、きれいに合わせる事より、この歌のパワーを伝えることを意識!ひとりひとりがリードシンガーの気持ちで元気に歌う!!
歌詞「世界中の」「世界中に」を、まだ間違える人が多いので気をつけましょう。

地球兄弟
クラップのタイミング!(クラップは腰から上の位置で!)
2番スキャットをパワフルに入る
1番サビ部分「兄弟だろう」「兄弟さ」間違えないこと。

The Seeds Of Love
「シーゾォヴ」の歌い方、まだまだ出来ておらず、歌っているときもビデオチェックのときにも、先生から何度も指導がありました。
各々しっかり意識して歌いたいところです。
後半へ入る前のユニゾンでの「シーゾーラーア~」1回のみのところ、3回のときと同じ勢いで続けて「シーゾー・・・」と入ってしまう人がまだまだいます。気をつけましょう!

ステージングに関しては、前回同様、「やりすぎないこと」と指示。
「例えば・・・」と、先生がアイドル風な手振りと首かしげ&ウィンクの実演。確かにさ、さぶい・・・
観客へのアピール・感情表現も、ひとりよがりなものになってしまっては逆効果。
わざとらしくない、でも観客をグッと引き付けることのできる、そして「自分らしい」表現方法を身につけたいものです

午後14:00から行われた、フルゴスペルの練習では、今回HPや広告で募集した一般参加の方、約170名のうち、120名位来られていました。年齢層も様々、学生の方から小さなお子さんを連れたママさん、私よりだいぶ先輩の方も来られてました!!パート分けしているころまでは、いつものワークショップの風景…。と思ってたんですが、Oh Happy Dayがアッという間に仕上がるところなどは、普段からゴスペルを歌ってる方、歌が好きな方が集まってるんだな~と感動しました 次回は、途中までのHallelujahを仕上げて、街の灯りまで歌うそうです!! スゴイ 今からワクワクです。。。

P.S.
それにしても、Iさんの「THE・オーバーオール!!」なお姿・・・ 動くたび、みんなの視線を釘付けにするIさんに、先生も「腹立つわ~」と嫉妬しておられました。

(from:りょうちん&係長)

第6回合同練習  フルゴスペル①




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。