-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-27 23:59 | カテゴリ:ライブ報告
今週ラストのミニライヴは、昨年11月にお邪魔した東大阪市若江岩田にある児童館『きらりっこ』です 
こちらでは、“ママと子ども達が自由に遊べる空間の提供”の他にも、いろいろな教室や講座が行われています。今後、こちらでもゴスペル教室を開催される予定があるそうで、今日は先生もこちらに来て一緒に歌わせていただきました

この日は1.Seeds Of Love 2.Hallelujah 3.I Will Follow Him 4.Total Praise 5.みんなトモダチ、の5曲 
先生+「輝」で歌うのは久々なので、みんなちょっと緊張気味だったね~(けっして、いつも気を抜いて歌っているわけではないですよ

そんな私たちの事などおかまいなしに、子どもたちは先生の松葉杖に興味津々 ウタタネの時とは違い、いつもの松葉杖に戻ってたんだけど、「ヒーローもの」の武器みたいに見えたのかなぁ

こちらでは、既に『みんなトモダチ』を自由遊びの時に流して下さってます!なので、私たちが歌っているときも、口ずさんでくれているママさんがいました こういうの初めてで、めちゃ嬉しかった~

『みんなトモダチ』の輪、確実に広がっています・・・

(P.S. 今日は○インちゃんのパパさんが、私たちのライヴのお手伝いをしてくれました!お休みのところ、ありがとうございました 一同感謝してます!)
スポンサーサイト
2009-02-26 23:09 | カテゴリ:ライブ報告
今週2本目、2/26(木)鶴見区子育て支援センター(通称:にこにこルーム)の親子教室 “たけのこクラブ”にお邪魔してきました!
たけのこクラブは、鶴見子育て支援センターで、1~3歳の子どもとママを対象した4回完結の親子教室です。とても人気の教室なので応募はいつも抽選、私も残念ながら抽選にもれて参加できなかった記憶が (余談ですが、同じく生後6ヶ月~1歳未満の赤ちゃんとママが参加する親子教室“つくしんぼクラブ”で私となんちゃんは知り合いました!)
近くに住む「輝」メンバーにとっても、“にこにこルーム”は懐かしの場所でしたね~!

この日は、1.Hallelujah! 2.翼をください 3.みんなトモダチ の3曲 今日の子どもたちはとっても元気いっぱい私たちが歌っている時も、物おじせず走り回って、とっても楽しそうでした 機械に興味のシンシンの子(ぜったい男の子だよね~)は、CDデッキの前を行ったり来たり・・・なので、デッキは親子教室の先生に持ってもらうことになっちゃいました 先生、ありがとうございました!

今回はじめて、翼をくださいの歌詞カードをつくってみました!曲に馴染みがあっても、歌詞まで正確に覚えていない人も多いので、良いアイデア これはまたやってみようっと
2009-02-24 23:58 | カテゴリ:ライブ報告
ウタタネの余韻はどこへやら、今週はミニライヴが目白押しです

まず1本目は2/24(火)、1月にもお邪魔しました親子カフェ“TOT LOT”にてライヴをさせていただきました ここは、天井が高くて音がよく響くので、歌っていて気持ち良いです

この日は1.Joyful Joyful 2.I Will Follow Him 3.Total Praise 4.みんなトモダチ と、おまけでOh Happy Dayを歌わせていただきました。。。
Total Praise “あるメンバー”たっての希望で久々に歌いました!ちゃんと自主練習したけど、どうだったかな~ スローで朗々と賛美しながら歌う曲に慣れてない私、普段からもっともっと練習必要だワ…

当日は雨模様で、子連れで出歩くのは大変な日そんな中、お店に足を運んで下さった皆さん、ありがとうございました

ライヴ後、時間にの余裕あるメンバーだけ、お店でお茶して帰りました。。。カフェプレートめちゃ美味しそうやん!悔しいわ~

totlot2-1 totlot2-2

2009-02-22 00:29 | カテゴリ:ライブ報告
今“ウタのタネ”本番&味園での2次会から帰って来ました
みなさん今日の本番ではいろんな感動・経験があったと思います できましたら、自由に思いを書き綴っていただけませんか ぜひぜひコメントをお願いします

皆さん次回は2010年2月20日ですよ もう予定表に記入しといてくださいね

お知らせ
今回のゲストシンガー、SAKURAさんのHPにウタタネのライヴ感想&画像がアップされています!ぜひチェックして下さいね

http://www.singer-sakura.com/
2009-02-19 23:36 | カテゴリ:レッスン・練習
2/18(水曜日)18:00~21:00 ウタタネに向けての最後の合同練習が、芦原橋の浪速人権文化センターにて行われました
(私は途中参加だったので、最初の方のレポートが間違ってたらゴメンナサイ
練習前にまず今回オープニングで流れるアニメーションをみんなで見ました。まだ音声が入ってないものでしたが、とてもかわいらしい女の子が主人公です。(アニメを見ていない人、内容は当日までお楽しみです)そのアニメーションの流れのままスクリーンが上がり、私たちのステージが始まります。

今回は全員が舞台に上がって、本番どおりの曲順で練習しました。
ここまで来ると、先生も具体的な指示というのはありませんxxx 歌いこんで完成度を高めていく、という感じでしょうか?その中で、先生がおっしゃっていたポイント
The Seeds Of Love → 1番のサビ「シ(スィ)ーゾォ、シ(スィ)ーゾォ、シ(スィ)ーゾォシ(スィ)ーゾォラァアァ~v」 赤字はウィスパーで、青字は口をパコーンと大きく開けて音量を上げて歌う。1番のこの部分をいかにコントラストをつけて歌うかで、観客を“KNOCK OUT”できるかどうか決まります!「human noteすごいやん!」と言わしめてやりましょう
全ての曲に言えること・・・
それぞれフリがある箇所、クラップをする箇所がありますが、たとえ間違ってても決して『しまった』的な表情はしないで!私の表現の仕方はこうなんだ‼っと自信をもった感じで歌ってください。あとソロシンガーさんが歌っているときのウェイティングポーズは、自分もソロシンガーと気持ちを合わせている感じで。一緒に口ずさむのも 手の位置は腰から上あたりで!前や後ろで下ろして組んでいるのはNG

街の灯りで、ゲストSAKURAさんと一緒に歌います。SAKURAさんが登場される際、舞台上で拍手をするのは『NG』と前回先生がおっしゃってましたが、それは以前行われたウタオトのライヴで、ゲストの河口恭吾さんが出てこられた瞬間、human noteメンバーが歓声を上げ観客化してしまった苦い経験からです! 今回、私たちがSAKURAさんと同じ立場で歌うという事を踏まえた上で『私たちと一緒に歌うSAKURAさん、応援したって~!』っていう感じならば拍手してもいいかな~、と先生がおっしゃってました。。。
それと、前回のバンドリハの時では、バンドとリズムが合わず、何度かクワイアがはしってしまったことについてですが、バンドリハではモニターもなかったので、バンドメンバーにはクワイアの声が全然聞こえてなかったらしいです。私たちも歌っていると気持ち良くなって、どんどんリズムが速くなってしまいがちですが、ノリながらもきちんとドラムのリズムを聞いて、リズムキープするようにして下さい

「輝」のKIDS達へ
みんなは、今、きんちょうしていますか?今回が初めてのステージではないし、ワクワクの方が大きいかもしれませんね ステージに立つと、300人・500人の大人数でも、みんながいっしょうけんめい歌っているのが、とってもカワイイのでめちゃくちゃ目立っています。そして、目立っているのは、曲と曲の間や、先生がMCでお話している間も同じです。ずっと立っているのは、疲れるし、たいくつやな~と思ったりするよね。でもとなりの人と話したり、かみの毛や服をさわったりしてソワソワしているのはすごーくカッコ悪いので、やめましょう!(ちょっとだけと思ってても見られてるよ)みんなもhuman noteのシンガーだからね みんながカッコ良くしていると、大人たちの何倍も輝いて見えます。せっかくだから、最後までめっちゃカッコ良くきめちゃいましょう 


休憩時間には、火曜日に行った学校めぐり第一弾の映像が流されました。朝の全校集会で、『みんなトモダチ』を合奏&合唱する児童とhuman noteメンバーめちゃめちゃ感動しました。楽しそうに歌う低学年と恥ずかしそう&めんどくさそうに歌う高学年・・・うんうんなんかいいなぁ 私も時間が許す限り、ぜひぜひ参加したいと思いました

昨年9月に始まったhuman note合同練習もバンドリハを含め11回行われましたが、今回で一区切り 普段のレッスンでは体験できない緊張感や、他のクワイアさんから吸収できる事がたくさんあって、私は大好きでした また次回も皆さんヨロシクお願いします

さあ!いよいよ本番です 皆さん『歌うたいチャンネル』で楽しく&素晴らしいステージにしましょう
2009-02-18 00:40 | カテゴリ:未分類
前回の記事で、パルナス♪さんがコメントを寄せて下さった通り、ウタタネの指揮者、suwanさんが先日のバンドリハ後に更新されたブログに、「輝」をはじめ、human noteメンバーに是非読んで考えていただきたいことが、書かれています
(私の記事では、この事は触れていません  このブログに立ち寄って下さった方は、既に皆さん読んでいると思うんですが、念のため・・・)
suwanさんにリンク許可得ましたので、以下のアドレスからアクセスしてください

suwanさんのブログmusic life(音楽用)
 http://blog2.fc2.com/suwan/
2009-02-16 23:57 | カテゴリ:レッスン・練習
日曜日(2/15)いよいよあと日後とせまった“ウタのタネ”のバンドリハーサルが、西区民センターで行われました 到着すると、もうすでにイス等ばっちり設営されている状態。各リーダー&響の皆さん、準備ありがとうございました

11:00~12:50は、human noteのリハーサル。ホールの舞台上にはピアノ・ベース・ドラム・ギター・サックス(フルート)・キーボードとバンドセットが組まれています。今回は短い時間で当日の立ち位置で並ぶ作業もあるので、歌の確認というよりも、いつものカラオケとは違うバンドサイズの音の確認です

まず、一通りバンドで歌ってみた。やっぱり生音はスゴイ、音の波動が全身に伝わってくるね。自然とテンションも上がり気味に…

The Seeds Of Love
前奏でバンド紹介がある。先生よりhuman note紹介の後、カウントが入って歌い出す。カウントは4カウントとは限らないので、集中しておくように

I'm Available To You
エンディング To~You~の部分の指揮は、先生がされます(ここは、おいしいから貰っとく…らしい)

みんなトモダチ
チャイム音が定まらず、大爆笑 CDと違ってサックスのアレンジめちゃカッコイイよ~ 間奏のフリは、バンドの皆さんもやってくれま~す

地球兄弟
何度も言われてるけど、まだ歌詞の間違いがあります。1番は「この星に生まれた....生きている兄弟だろう」です。本番で万が一間違ってしまっても、な顔はしないように。。。

休憩後、あらかじめ決められた本番立ち位置に並んでみることに こうしてみると「輝」もけっこうバラバラになってるなぁ~ この状態で再度全曲歌いました。本番とは違いバンドと向かい合わせやから、さっきよりもっと音が大きくなって、自分の声も分からんくらいになった。でも、より本番に近いイメージで歌うことができたワ

human noteリハ終了後、14:30からのフルゴスペルリハまでは、各自お昼休憩。その時間、舞台上では、先生のソロステージのリハが行われてました。コーラスはHeart&Soulの皆さん!久々にもんちさんのお姿・・・前回ウタオトの時は妊婦さんだったんだよね。出産されてもスタイル抜群ですね~!KOZさんは相変わらずモデルのように素敵♡ AKKOさんは自身のクワイアもフルゴスペルで参加するので今回はシンガー&先生です。今回はどんな衣装?個人的にはAKKOさんは真紅の衣装がいいな!HIDEKIさんもウタタネの衣装に注目です。いつも先生より派手な衣装着てはるし・・・。 やっぱり皆さんのリハは、さすがプロ全然違うわぁ 声の迫力からハーモニー全てに聞き惚れてしまいました(と言いながら、しっかり弁当食べてたけど

14:30~16:00はフルゴスペルのリハが行われました。今回初参加の方も何名かいらっしゃったので、再度Hallelujahのイントロのフリから練習しました。
フルゴスペルの立ち位置整列は人数も倍近くになるので、時間かかった~ ここで私たちにとっては、大大ハプニング発生なんと、「輝」のテナーの名前が一人を除いて全員漏れてたよ!なんでうちらテナーだけ?←こんなには全然怒ってないケドね。先生もめちゃたし。
フルゴスペルの街の灯りは、一部のhuman noteメンバーだけ、コーラス部分が追加になりました。おいしいところのあまりなかったテナーも、歌いたかった部分がちょっと追加になってラッキー!

バンドリハ終了後、オリエンテーション。当日の集合や着替えについてのレクチャーがありました。貴重品は出来るだけコンパクトに過去に盗難事件も発生しているので、必要以上のお金やカード類は持ってこないようにとの事です

私個人的な感想ですが(このブログは私見ばっかりですけど・・・)、いつもの練習ではオケを使っておこなっているんで、バンドでのテンポ(オケより早かったり、遅かったり)に戸惑うことがあると思いますが(今回もリズムが乱れたよね)、各自がしっかりリズムをとりながら歌うようにしましょう(指揮を見て確認するのも良いですね!)

さあ、いよいよゴールです 皆さんシンガーになって、はりきってがんばりましょう

バンドリハ① バンドリハ② バンドリハ③




2009-02-14 03:15 | カテゴリ:未分類
5区合同自主練習も最終日です。
今回初めて、都島区の“cucumber choir”さんが参加して下さいました
(前回・前々回はレッスンだったんですよね~!)

3回目ともなると、もうみんなすっかり顔見知りだから、和気あいあい 同じchoirのメンバーのようです。

今日は、ステージを意識した練習。A・B2チームに分かれて練習しました。

私は、前回ほとんど参加していなかったので比較はできないんですが、曲が終わったあと、意見を出し合ったり、ソプラノはディスカッションがはじまったり・・・と、とってもいい感じ 「輝」が結成が一番早いので、どうしても先生みたいになってて、でも「輝」は先生じゃないから、正解ばかりを言ってる訳じゃないし・・・と心配してたんですが、どこへやら 自主練は、こうでなくっちゃ

皆さん、不安な部分がまだあるかも知れませんが、ここまでくれば関係なし!!(えっ!ヤバイ?)
とにかくめっちゃ楽しんで
めっちゃ笑顔で
めっちゃ感動しましょう!!\(^o^)/


どなたか曲ごとのレポート書いてやろうという心意気のある方、コメント欄にどうぞ~~

2009-02-14 02:30 | カテゴリ:ライブ報告
今週2/12(木)に、「輝」がレッスンしている鶴見区民センターの向かいにある、茨田西福祉会館でミニライヴをさせていただきました

この日は月1回の「親子であそぼう」の活動の日で、この地区の町会や婦人会の方々のお世話で、近くに住む未就園児&ママさんが集まって、一緒に遊んだり交流したりできる日です。寒い時期なので、屋内で遊べる場所を開放していただけるのは、ママたちにとってはありがたい日ですね。

こちらにも我らがnanny なんちゃんがお手伝い!手あそびやかみしばい等の後、1.Hallelujah 2.Chariot 3.みんなトモダチ 4.Oh Happy Day の4曲を歌わせていただきました
いつもだけど狭い場所で結構な音量で歌っても、子どもたちは泣きだすこともなく、みんなにこやかにいるんですね~ 歌に関係なく走り回っているのも、いつもの光景  微笑ましくって楽しかったワ

お世話をして下さった、町会長さんや他のみなさんもゴスペル初体験だったようですが、とても喜んで下さいました~ また少し歌の輪が広がったようで嬉しかったデス

茨田西福祉会館
2009-02-13 09:53 | カテゴリ:ライブ告知
FM OSAKAのホームページのトップ「HOT NEWs」に“ウタのタネ”のイベント告知をしていただいているのは、ご存知ですか?(FM OSAKAさんは、ウタタネの後援をしてくださってます)

その告知ページで、先生の動画メッセージをがアップされてます

実は、先週の合同練習の最後にFM OSAKAさんがビデオカメラで撮影されました human noteメンバーも少し映ってるので、みなさん見てみて下さいね~~

さあ、今からFM OSAKAのホームページへ GO!!
2009-02-08 17:34 | カテゴリ:レッスン・練習
今週2/7(土)も先週に引き続き、イベント「ウタのタネ」に向けての合同練習&フルゴスペル練習がありました

本番を間近に控え、ただ歌うだけじゃなく、よりエンターテインメントにこだわった歌い方、表現の仕方、曲の中での強弱「コントラスト」について先生よりお話がありました。
今回フルゴスペルでは、500名でステージに立ちます。まず、一人一人が輝いて歌っていること
1/500ではなく、それぞれが一人のシンガーとして表現していることが、一番大事なんです‼

それでは、一曲ずつ「コントラスト」について解説。
The Seeds Of Love
このコンサートの第一演者、その一曲目全ての人が注目しています。その曲の最初の入り部分「See~」は絶対にバシッと集中して入りましょう!!
いつも言われているサビ部分「シ(スィ)ーゾォ、シ(スィ)ーゾォ、シ(スィ)ーゾォシ(スィ)ーゾォラァアァ~v」赤字は母音をしっかり入れて歌う。シーゾと歌うと歌が幼くなり(平成15年生まれ位になるらしい…)、曲のイメージに合わない。青字は口を大きくあけて音量を上げる。(先週は空に向って歌うイメージって言ってました)
「peace for love」(ここは強く)の後「seeds of seeds of ~」はウィスパーでコントラストをつける。

I'm Available To You
前半部分はウィスパーで歌う。(小さい声ではない。息を入れて歌う)
「AHH~」から曲は一挙にドラマティックに!歌詞にはAhと書かれているが、本来は悲鳴や叫びを表現したもの。音に合わせて叫ぶように歌う!音に余裕のあるテナーは、叫んでいるような演出をしながら歌う。

みんなトモダチ
曲のイメージどおり元気に歌う!
この曲は1サビ→ユニゾン、2サビ→ハモリの部分でコントラストを出しているので、2サビは1サビよりもっとパワー感を出して歌う。
シーンの変わり目、2割の人が休んでいる。人任せにしないで、常に次の準備をしながら歌う。
(具体的にいうと、2サビが終わったあと、すぐにラララ・・・と入れてない人が多い。)
転調後の歌詞、世界中の世界中に 先生曰く、「そろそろたいがいにしてくださいxx」

地球兄弟
スキャットの部分、抑揚をつけて歌う。
バンプに入る前にMCがあるので、入るタイミングは先生の指示にしたがう。そしてバンプはXタイム!バンプが終わった後、すぐスキャットに入るのを忘れずに!

どの曲も、指揮者suwanさんに依存しすぎないこと。でも、合図は見逃さないでね。
全ての曲の後、深く礼をします。


午後からのフルゴスペル、今回は一般参加の方と、先生と親交のある、ゴスペルの先生方が率いるクワイアの方々も参加され練習を行いました。

Oh Happy Day
みなさん、もう歌いなれていて問題ない感じ。後は、human noteのライヴでは慣れている最後の部分のXタイム、ブレイク&インのタイミングを間違えない様にすること。これは、バンドリハでもう一度指示があると思います。

Hallelujah!
この曲はほんとマスクワイア向きの曲だな~と、今日もつくづく思う。当日感動して泣いてしまうかも?
この曲は、アレンジをされたSOUND OF JOYの淡野先生が指揮をして下さいます。
Hallelujahのjahは、ヤーではなくyeahで! いつも言われますが、forever and everのverは、vor(ボゥ)で歌いましょう。
ラストの「forever and ever、Hallelujah~」(ふぉ~えぇヴぉ えんでぇヴぉ (ウン)ハッレッルゥゥイェッ)部分シンコペーションと休符を意識すること。クラップは(ウン)パンッです。

街の灯り
スキャット部分は抑揚をつけて歌う。
胸がはずぅむ ときぃよ~と母音をつけて歌う。
Hang…は、昔のサザエさんの「来週もまた見て下さいね~!んんっがっんん」の様な感じ(わかるかな?)口を開けたまま喉を閉じる。男性は喉を奥を震わせて重低音を響かせる。

舞台に半分ずつ分かれて歌ったんですが、どうしても走ってしまうのでリズムをとるためsuwanさんが、前でリズムをとって下さることになりました。すると、今までとっても気持ち良く歌ってたのが、みんな指揮に注目してしまって、観客席からの絵づらがすご~く小さくなってしまいました。
指揮を頼りにしすぎるなってこうゆうことかぁ~と改めて実感。。。指揮ばかり見てるとホント客席まで歌が伝わりませんよ!!自分にも言い聞かせてマス。

次は、西区民センターでのバンドリハ。いよいよ本番まであと少し。早く来てほしい気分と、このワクワク
をもう少し楽しみたい気分の半々です

2/7 合同練習
2009-02-04 11:58 | カテゴリ:レッスン・練習
昨日2/3(火)、2回目の五区自主練がありました
今回、私用で参加できなかったので、またまた“りょうちん”にレポートしてもらいま~す


第2回5区合同練習

合同練習も2回目。今日は平野区の「Mary」&「Cosmo」・天王寺区のメンバー・鶴見区の「種of力」&「輝」が集まりました。
「ウタのタネ」にはhuman noteとして出演するメンバーばかりだったので、human note曲を中心に練習しました。

①地球兄弟
ユニゾン部分・スキャット共に、思い切りよく入りましょう。その為には、音をしっかりと取れていないといけません
自信を持ってスパーンと入れるよう、しっかり音取りしておきましょう。
ユニゾン後の「思い浮かべてみよう~」からのスキャットは、山を描くように抑揚をつけて。

②I'm Available To You
ステージングを意識しての練習。
動き始めるところ・止まるところ・パーンとエネルギーを放つところ、先生の求めているものをしっかり理解し、メリハリをつけて表現しましょう。
歌も、もっとメリハリを。ウィスパー・強いところ・柔らかいところ、しっかり伝わるように表現しないと、お客様を退屈にさせてしまいます。

③The Seeds Of Love

「seeds」は「シー」ではなく「スィー」で発音した方が、英語っぽ~くなります。
サビ部分の「seeds of love(スィーゾーラアァ~~~)」は、大空に向かって心を解放するような気持ちで。
Bメロスキャット「Woo-」は出来れば16beatのビブラートを効かせて欲しいのですが、「出来なーい!」という方は「Wooー・-・-・-・」という感じで歌うとよいでしょう。
「seeds of love~」1回だけのところ、もう絶対間違えないで~次の展開をしっかり意識して歌えば、このようなミスは起こりません。これ、本番でやってしまうのを想像すると、めちゃめちゃコワイです・・・

④街の灯り

スキャット部分は、音の上がり下がりに合わせて抑揚をつけましょう。
スキャット・日本語詞部分ともに、平板に聴こえることのないように、出来るだけドラマティックな感じになるよう心掛けて。

「ウタのタネ」まであとわずかですので、そろそろ歌詞はしっかり頭に入れましょう
歌詞を覚えないことには、次の段階(表現・ステージング)に進めません。

あとは、言葉のはめ方に苦労されている方が何人かいらっしゃいました。
歌詞を見ながら『文字』を当てはめようとすると、うまく歌えないようです。字余りのようになって、ずれてしまいます。もう、そのような場合は、『文字』は置いといて「耳コピ」しましょう。(先生も、その方式のほうがお好みのようですしね・・・)
そして、出来るだけ簡単に発音できるよう工夫しましょう。
『地球兄弟』の「Love the one you're with」は、もういっその事「ラッダワンヤウィッ」でよいのです。
『Available』の「now I'm free and I just want to be」も、いっその事「ナァーアンフィー エンダァィジャスワァーントゥビィ」でよいのです。
「輝」のレッスンに付き合っている子供たちなんて、完全耳コピ、歌詞なんてサッパリわかっていませんが、発音は素晴しいですもんね。

5区合同練習も残すところあと1回。
各クワイアの通常レッスンと重なる場合もあって、なかなかみんな揃ってという訳にいきませんが、
どんな小さなことでも構いませんので、わからない点・不安な点はこの練習の場でどんどん出し合ってみんなで解決しておきましょう
「ウタのタネ」本番で完全燃焼できるように、ね

いつも思うけど、りょうちんのレポートはめっちゃ的を得ていて分かりやすいね 次の自主練習は13日です! 最後一曲だけ一緒に歌わせていただきましたが、みんな確実にステップアップしてるのが今回参加しなかったことで、良くわかりました human note合同練習では質問できないことでも、この場でなら気軽に話せると思うので、不安をなくして本番に挑みましょう
2009-02-01 01:17 | カテゴリ:レッスン・練習
1/31(土)今年2回目の合同練習&フルゴスペル練習がありました
まだまだだと思ってたのに、気がつくと本番まであと日 ちょうど3週間後には、“なんばhatch”のステージです。練習もより具体的に、熱を帯びてきました!

先生の松葉杖も見慣れましたが、松葉杖で移動できるスピードが早くなってる事にビックリ!あと、足元がおしゃれになってました先週、阿倍野のライヴまでは、この寒空の中シャワーサンダルだったのが、スリッポンスニーカーになってました。
今回は長いお話もなく、すぐにごぅさんから連絡事項の伝達に入ります!①チケットの受渡しの事、②味園での2次会の事、③Tシャツの事、④2/15バンドリハの事です。
2/15のバンドリハにて、先生と舞台監督さんであらかじめ決めている、立ち位置に並んでみるそうです。前回ウタオトの時は、当日リハまで立ち位置が決まって無くて並ぶのが大変だったんですが、今回はそんな混乱はないみたいですね。。。なので、バンドリハは極力参加しないといけませんよ

午前中のhuman note練習は、今回もsuwanさんの指揮で練習しました。
The Seeds Of Love
この曲は、海と空をイメージに作られた曲です。
最初「Seeds Of Love」 のLoveはと発音しない。下唇を上の歯で噛むだけでOK‼ サビ部分「(シーゾォヴ、シーゾォヴ、シーゾォヴ)シーゾォヴ ぅラァアー」を続けて練習。(赤色部分は)大らかに、客席(空)に向かって声を放つようなイメージで歌う。

I'm Available To You
前回同様「MY」の歌い方。「ゥマーイ」とオーバーな位で丁度良い。
ここで指揮を見て歌うところ、と見てはいてはいけないところのお話。「AHH~」部分は指揮を見ていると歌がちっちゃくなってしまう!ここは各自のSomething Greatに向かって、悲鳴に近い感じでヒステリックに歌わないといけない。。。(テナーの音でヒステリックに?これは自分への課題です)
同じ部分テナーの入りは、「タタター」というリズム。「タタタター」と歌っている人がいるので注意されました。

みんなトモダチ
元気よく!最初からパワー感を出して歌いましょう
間奏のフリは、笑顔で!大人がこんな恥ずかしいふりをする照れた笑顔がいいんです

地球兄弟
バンプに入る前、間奏で先生のMCがあります。。。そして、先生の合図でバンプに入る。バンプもXタイムなので、間違えないように!バンプの終りも先生の指示があります。
バンプ後の、スキャットは流れがちになるので、緊張感をもってパーンと入る。
あと、何度も言われていますが歌詞に母音を入れて歌う。「あおい~あおいぃ~このほぉしにうぅまれたぁ~」

先生より・・・。
今まで何度となく言われてきた指示は、最低限クリアしないといけない部分です。中途半端に終わらない様に今一度チェックしながら歌うようにしましょう。
先生の怪我ですが、全快までに3ヶ月かかるとのことです。ウタタネの時にはギプスはとれている予定ですが、まだまだ自由に動ける状況ではありません 先生は客席に全精力を注がないといけないので、私たちクワイアにイチイチ指示を配れる余裕は無いことを覚えておきましょう。。。
指揮について・・・。
今回suwanさんというすばらしい指揮者がいますが、指揮者だって人間です!間違えないとは限らないのです。次の展開を考えながら、指揮者を見てそうそう!と確認できる余裕をもって歌えるといいですね まだ歌詞が・・・なんて言っている状態ではありませんよ
(suwanさんに限って、絶対にそんな事はないのは分かってますが、先生が仰ったので書いてますxxx)

午後からは3回目のフルゴスペルの練習です!
今回の参加者にな・なんと、松葉杖の方がいらっしゃいました これには、先生は大興奮 「苦労わかるわ~」と仲間意識バリバリでとっても嬉しそうでした。今回が初参加の方も何名かいらっしゃいましたが、ここは「長いものにまかれろ」ということで、そのままレッスンはすすめられました。
まず、Oh Happy Day!のOhは“オー”ではなく“オゥ”とうたう。サビ部分以外はウィスパーで!ラストOh Happy Dayの繰り返し部分は、オケを使わないパターンなのでXタイムになります。先生のMCをはさみながら、バンドブレイク、クワイアブレイクなど指示がありますので、見逃さないように!
Hallelujah‼、この曲をフルゴスペルの練習で歌うと、ソプラノの圧倒的パワーにいつも感動します 前回一応最後までやったので、サクッと歌って終わりました。
前回、できなかった街の灯りを最初から時間をかけて音取りをしました。場所の都合上、男性陣は舞台上へ。みんなあぐらをかいて、前のめりに楽譜をみているので、とてもゴスペルのレッスンには見えません おっちゃんの町内会の集まりみたいな・・・

音取りが終わったあと、全員が舞台にあがって歌いました。human noteは後ろからサポートなので一生懸命声出して歌いました 人数が多くて全く前が見えなかったけど。あと、Hallelujahが非常にはしっているのが気になりましたxxx

後半の練習、一回も休憩なかったのは辛かったわ~。おかげで写真撮るのも忘れてしもた
次回は、来週! 風邪っぴきの多い「輝」メンバーは今回ほとんど参加者がいなかったよ~ みんな、頑張って早く治そうゼ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。