-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-17 23:59 | カテゴリ:ライブ報告
~震災から15年~ 500人のゴスペルコンサート


16:00 コンサートスタート 

human note本番

本ベルと共にhuman noteが立ち位置へ。ステージの照明を落としたままの状態での移動なので、足元に細心の注意を払います。
私たちが整列し終わるのと同時に、ステージ横の2つのスクリーンで“スライドショー”が始まりました。BGMには小田和正さんの「たしかなこと」CMでも起用されていた素敵な曲です。
スクリーンには、震災が起こった当時の惨状~~被災現場~~復興していく神戸の町並み~~人々の笑顔… 
私たちもオリエンテーションの時に鑑賞しましたが、最初の方の映像は、目にするのがお辛い方もいらっしゃるんじゃないかな…と思ったりもしました。後半のおっちゃん、おばちゃんの輝く笑顔には温かな気もちになり、癒されました。

ステージ中央に寺尾先生が来られ、まだ暗いステージの中ですが、クワイアの方を向いて一人一人の表情を見ています。みんなめっちゃ緊張しているんだけど、先生の笑顔で安堵の空気(上手く表現できませんが)が流れました…。
スライドショーも終わり、ステージに一斉にライトがあたりました。
カウント1.2.3!!!
Song of Happiness I will sing forever , Song of Happiness I will sing for You …
~しあわせの歌~
私は前方で歌わせていただいていたので、クワイアの声の迫力に感動で涙が止まりませんでした…。クワイアで歌っていた今までで一番だったかも…。先生が『こいつらやりよるな~~!!』的な顔(表現が乱暴ですみません)をしてたのもチェック リハーサルの時の心配はどこへやら…ピッタリ息があっていました!!
この曲は少人数のクワイアで歌っても気持ちが入っていきますが、マスクワイアはもっと凄い 一人一人がシンガーとして想いを届けられる曲だなぁ、と実感しました。

2.Lean on Me 3.地球兄弟 4.みんなトモダチ
オーディションで決定したhuman noteのリードシンガーがソロパートを歌います!
こんな大きな会場で、ガンガン引っ張ってくれる歌いっぷり どの練習やリハーサルの時よりも堂々と輝いていて、クワイアも負けじ‼と歌わされました

5.Melodies From Heaven
天から降り注ぐメロディーの雨…同じフレーズが続く部分も単調にならずに歌えました。最後のポーズ決まってたかなぁ

どの曲も心をこめて歌い切りました。私の視界には最初のスライドショーからずっと涙を流して下さっている方がいて、逸らしていてもどうしてもその方に目が行き、自分もあやうく泣いてしまいそうになりました…。


私たちの出番の後は、スペシャルゲストSAKURAさんのステージです。

神戸在住のSAKURAさん。human noteは、昨年の“ウタのタネ”でも共演させていただきました。
とても透明感のある歌声そのまま、お話している感じも少女のような方です
SAKURAさんは息子さんをしかることがあるんだろうか???全く想像できませんね~

SAKURAさんのステージが始まるころ、一般参加シンガーの方々は席を立ち、出演準備のため2F廊下へ移動&整列です。2Fの廊下は南北に面していて、上手側は北向きで寒くて、下手側は日があたりすぎて暑い!どちらもしんどい場所での待機でした。大人数での移動は待ち時間が本当に長くて、慣れてらっしゃらない皆さんにとっては、大変だったろうと思います!! 誘導係のスタッフの方々も、緊張をほぐす声かけや案内等々…御苦労様でした。

ラスト、フルゴスペルのステージが始まります。SAKURAさんのステージが終わると再び暗転し、ピアノのI氏のBGMのもと2回目のスライドショーが始まります。現在の神戸の町並み~素敵な神戸の夜景へ… 全員がステージに上がったところで、先生が「入場時に配られた“指示があるまで空けんとってね~”って書いている封筒から中身出して、ポキッ!!と折って振ってくれますか~?」 皆さん一斉に明るく光った“サイリューム”を振ってくれました~めっちゃキレイです そんな中でNさんのアコースティックギターから~街の灯り~の前奏が流れて行きます~ 会場内に響き渡るSAKURAさんの歌とクワイアのコーラス&会場のサイリューム、3F席で満喫させてもらいながら歌っていました

2曲目 ~生まれ来る子供たちのために~
 君よ愛する人を守りたまえ 大きく手を広げて 子どもたちを抱きたまえ…
先生がよく“さぶいぼポイント”と言ってるけど、ほんとに“さぶいぼ”でした ステージ上の一般参加シンガーさん、遠くて一人一人の表情までは見えないんだけど、感情をこめて歌っているのがすごく伝わってきました…

ラスト ~見上げてごらん夜の星を~
開演前に会場の皆さんと練習した曲。入場時に配られたチラシと前方のスクリーンで歌詞が分かるようになっていたので、会場の皆さんとも“歌で繋がる”ことができました。2000人の歌声、言葉では表せないほど素晴らしかった
歌いながら、15年前も今夜も空には同じように星が輝いている 先日ライヴで「輝」のメンバーが話していたのを思い出しました。空も過去と現在、そして未来も一つに繋がっているんだな……

コンサート終了後も出演者はずっとステージ上に…舞台袖には下がりません。ていうか、観客の方が外にでられるので、800名の出演者が移動できる場所がありませんでした お客様が出られるのをずっと手を振りながら見送りました

コンサート終了後は、出演者みんなで乾杯(ジュースですよ)体育館の担当者Oさん、館長さんの嬉しいお言葉、「来年もやりましょう!!」に大いに盛り上がりました

多くの方の協力や尽力によって、大きな事故もなく無事コンサートを終えることができました。
このコンサートに携わることができて本当に良かったです。ありがとうございました。
個人的には、仲間が一生懸命働いている中、大したお手伝いもできず申し訳なかったです。

『human note』大きなライヴもこれで3回目!!だいぶ慣れてきましたよね。最小限の荷物で!!と事前に話していた通り、協力しあってました。荷物であふれると思われた控え室で、食事がとれるなんて思ってもみませんでしたし。私なんかが偉そうに言える立場ではないですが、一人一人がホストである責任を感じていた、素晴らしいライヴだったと思います。
“ウタのタネ2”もこのまま頑張りましょう

一般参加シンガーの方もコンサートまでのプロセス・本番とも大勢は楽しんでいただけたのでは?とは思いますが、まだまだ課題も多いです。多くの方の意見を参考にして、次回はもっとステップアップしたコンサートにしたいですね。

家に戻り、PCで今日のライヴの記事を見つけました
阪神大震災の犠牲者を悼み、震災を体験していない市民と被災者のつながりを深めようと、一般市民が参加したゴスペルコンサートが17日、神戸市長田区の兵庫県立文化体育館で開かれた。

『つながり』深めることできたよね……

~ライヴ写真は撮影許可を得たマネージャーからの提供です~
震災本番①
震災本番②
 震災打上げ② 震災打上げ①
スポンサーサイト
2010-01-17 23:30 | カテゴリ:ライブ報告
これまでにも何度もお知らせしていました、私たちhuman noteがホストを務めるコンサート
『~震災から15年~ 500人のゴスペルコンサート』が、
震災の日 1/17(日)兵庫県立文化体育館にて開催されました。

タイトルの“500人のゴスペルコンサート”というのは、human note300名と、チラシやWeb等で募集する一般参加シンガー200名で一緒に歌うという意味だったのですが、一般参加シンガーのだけで500名近い応募があり、私たちと会場のお客様を合わせると2000名が大合唱する素晴らしいイベントとなりました

会場の兵庫県立文化体育館は神戸市長田区にあります。
当時最大で1133名もの方々が、ここを避難所として生活をされていました。
一番長い方は2年以上いらっしゃったそうです。今はグランドとなっているところも当時は仮設住宅が建設されていた場所。しかし、体育館はもちろん、駅からこちらに来るまでの町並みも既に復興されていて、目で見る限りは震災の爪痕と思えるところはありません。
でも、昨年末よりこのコンサートのプレイベントやストリートライヴを重ねるうちに、神戸の皆さんにとって『震災』は過去のものではなく、まだまだ進行形なんだ…と気付かされることも多くありました。

09:00 今回のライヴの実行スタッフメンバー集合。
寺尾先生&文化体育館の担当者Oさんとも合流です。
まずは全員で黙とう、犠牲者の方へ祈りをささげました…。
先生は、以前から決まっていたライヴのため出発!フルゴスペルのリハーサルまでには戻られます。
スタッフメンバーで打ち合わせ。今日一日の流れを『Oご夫妻』がスケッチブックを使い分かりやすく説明してくれました! 今日の合言葉『しゃべらず、走らず、笑顔で!!』

11:00 human note 体育館内のロールバックチェア集合。
館長さんのごあいさつの後、オリエンテーション 
今回全員の立ち位置はブロック毎に色分けされています。ブロックの一番前と最後尾の人は、そのブロック色の腕章をつけてもらいます。これでもし前後の人がいなくても自分のブロックの色が判別できるので安心!!ここでもsuwanさんが、human noteへ向けて今日の合言葉『しゃべらず、走らず、笑顔で!!』

11:30 一般参加シンガーの方集合。受付後の待機場所はステージ真正面一番奥の4階席。
こちらには立ち位置を決めるため、身長の札(150~155cmみたいな感じ)が貼ってあって、自分の身長の場所に座ってもらいます。
館長さんのごあいさつの後、こちらもオリエンテーション
一般参加の方は、ステージの立ち位置がまだ決まってないので、今ざっくりと座ってもらっている身長順を基に、立ち位置を決めていき、本番と同じ並びで客席も座り直しをします。今回のライヴでこの「並び変え」が混乱するのではないか?と、一番の心配事でしたが、月曜日の全体練習の甲斐あって、非常にスムーズでした。
並び変えの後、一般参加シンガーの衣装『Tシャツ』をお渡ししました。白地のシャツの真ん中に“賛歌”の文字。てんつくマンさんが書かれたそうです!今にも動き出しそうな躍動感のある書体でした!!

12:30 human noteリハーサル開始。
寺尾先生が留守のため、にごぅさんが中心となってバンドの方と一緒に進めます。suwanさんがこのリハーサル時に指揮をしてくれました。suwanさんの指揮は、曲の強弱や歌詞を間違わないようにと細心の注意がはらわれていてホントいつもわかりやすい!!!
気合いをいれてリハーサルに臨んだつもりでしたが、オープニング曲の最初アカペラ部分の入りがバラバラだったり、歌詞を間違えたりxxx
みんな、本番はもっと集中して頑張ろう

13:10 スペシャルゲストSAKURAさんのリハ開始。
その間にフルゴス時の立ち位置を決めていきます。一般参加シンガーさんも待機場所へ移動。

13:50 フルゴスペルのリハーサル。
出演者が舞台へ移動を始めた時に寺尾先生がライヴから帰ってきました。よかった~
初めて800名で歌ってみて、リハから感動しすぎで、声が詰まってしまいました…。
「輝」のアルトとテナーは3階席で歌います。サイドなのでステージは半分ぐらいしか見えないのですが、客席の全体を見渡せる席なので、本番すごく楽しみだなぁ

15:00 開場。
ステージでは客席の方も一緒に歌っていただこうと、美香ちゃん&パルナス♪さん含めたhuman noteメンバーが先生になって、一番最後に会場全体で歌う曲の練習タイムを設けました。
他のhuman noteメンバーは、開場から集合時間までの40分が唯一のフリータイム!私もやっと簡単な昼食にありつけました☆ 

15:40 human note 本番準備。
舞台袖へとつづく廊下に上手・下手に分かれて整列です。リハーサルの時は、一般参加シンガーのお世話をしてくれていたメンバーも集合。どんなステージになるんだろう??? 緊張と興奮でだんだんと気持ちが高まってきます

16:00 本ベルが鳴りました。

human noteの出番です!!  

(続きは本番編で…)

震災ライヴ リハ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。