-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-21 23:59 | カテゴリ:ライブ報告
ライヴレポ第3弾は5/15(土)『第40回神戸まつりin須磨離宮公園』
テナーのゆみ姉からのレポートです


               

Human note ライヴ報告
5/15(土) 「第40回神戸まつり in 須磨離宮公園」

『輝』を代表して、キャシー・Ayumiちゃん・私が参加させて頂きました

当日、13:15「月見山駅」集合 参加者80余名
離宮公園到着後、リハーサル
そして、お楽しみ『ピクニカル』
みんなで、レジャーシートを広げおもいおもいのお弁当、もちろん大人は「カンパ~イ」青空の下のビールはとびっきりうまかった???
Ayumiちゃんは子供たちを引き連れフィールドアスレチックへ‥‥(やっぱ若いなぁ~)

そして再び先生の号令のもと、駐車場での練習(坂道は、堪えるわ)その後、出店やステージを楽しみ、やっと本番、肌寒い夕暮れ時に大勢の方々が集まって下さいました

リハーサルでの先生の『ダメだし』に気持ちを引き締めステージへ…
司会者の方の紹介の長さにこっそり(まき)を入れ、みんなの緊張が少し和らぎました。

★地球兄弟
★JoyfulJoyful
★みんなトモダチ
★生まれ来る子供たちのために
★しあわせのうた
★見上げてごらん夜の星を

やっぱり屋外はいいですね 心も伸び伸び、おもいきり歌えました
私自身はというと、最後の曲でアクシデント発生‥‥吸い込んだ息と一緒に‘ほこり’が喉へ、そしてしばらく口パク!初めての経験 ほんとに何が起きるかわからないのが『ライヴ』なんですね。

私達のライヴ終了後、とってもキレイな花火が打ち上げられ、みんな「ワぁ~!キゃ~!」の連発、海と山のある神戸は最高!こんな経験ができたのも、先生やHuman noteのメンバーのお陰です。同じ空間をみんなで共有できて、ほんとに感謝です
今度は『輝』全員で参加したいねー!!


その後、解散!長い一日は終わりました
しかし、それからのAyumiちゃんと私のことは、誰も知らない‥‥

(帰り大変だったんだよね… by係長)


神戸まつり
スポンサーサイト
2010-05-21 23:30 | カテゴリ:ライブ報告
ライヴレポ第2弾は、アルトのAyumiちゃんから!!
『4/24淡路花博花みどりフェア』でのライヴレポートです


                  


4月24日(土)
『淡路花博2010花みどりフェア』ひょうごエンタグランプリ2010に 寺尾仁志with humannote(総勢45名)で出演してきました


場所は、◆淡路島◆ということで、明石海峡大橋を渡って行ってまいりました

 11:00~、13:00~の2ステージ

  地球兄弟
  JoyfulJuyful
  見上げてごらん夜の星を
  みんなトモダチ
  しあわせのうた

心のそこから楽しんで歌わせていただきました

毎回ながら、たくさんの勉強させていただきました


少し気温が低かったのですが、お客さんどうし肩を寄せあいながら、演奏に耳を傾けてくださっていました


遠いところなのにhumannoteのメンバー、出演者の家族たちも聴きにきてくださってました


お昼は、原っぱでお弁当♪ 屋台の玉ねぎスープ・柔らかお肉…などそれぞれで堪能してました

園内は汽車も走ってて
みどり豊かで、 とてもいいところでしたよ


humannoteの活動を通して
多くのメンバーと話すことができ、繋がりがもてました



AYUMI

花とみどりフェア
2010-05-21 23:00 | カテゴリ:ライブ報告
4月~5月にかけて、human noteのライヴに参加したメンバーからレポートが届きました
第1弾はテナーのキャシーから!! 4/18のアジア歌謡祭です


                  


平成22年4月18日、ドーンセンターで、アジアの友好と平和を願う「第9回チャリティ アジア歌謡祭」が開かれ、ヒューマンノート総勢80名はゲストとし歌いに行かせて頂きました

輝からは、ゆみ姉、あゆみちゃん、ワタシ(キャシー)が代表で参加。
アジアが舞台のこのBIGなステージに何日も前から私はワクワクしていました


この歌謡祭には、モンゴル、ラオス、中国、韓国などアジア15カ国・地域の友好団体の代表者ら15組と日本の代表を合わせた計20組が参加され、普段あまり聞く事の出来ない音楽に触れる事が出来ました。

出演者は、ミニ・ガムランや馬頭琴などそれぞれの楽器を奏で、民族衣装で歌を披露。
アジアって広いよな~と思わずにはいられないステージでした


私たちは皆さんの演目が終わって、審査中の間に、
「みんなともだち」と「地球兄弟」の2曲を歌わせて頂きました


色々なところでこの2曲は歌わせてもらっていますが、こんなにたくさんの外国の方前で歌うのは初めて
あらためて「みんなともだち」「地球兄弟」の歌詞の意味を確認する事ができました


言葉は通じなくても、同じアジアに住み、同じく音楽を愛する人たちが集まって開かれた歌謡祭。
また一つ繋がりを感じたステージだったな~と思いました

アジア歌謡祭

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。