-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-22 23:59 | カテゴリ:未分類

JOYFULさんが参加した「映画上映会」レポ。 どうぞ~!!!

*********************************

8月22日 夏休み中の暑~い日曜日、わたしは 喜連瓜破のクレオ大阪南に向かいました。しかも自転車で

数か月前、エンジェルクレアの町田さんが 参加者を募って下さっていた映画の上映会です。

てんつくマン?

震災コンサートのTシャツの文字を 書いてくれた人…

映画って一体どんなん?

くらいの気持ちで、どうにか 集まった30人ちょっとのhuman noteさんたち

しかも!

早めについた私の目に飛び込んできたのは

なにやら怪しい仮装をした人々…
恐る恐る「あの~ここ上映会の会場ですよね…」

「そうですよ~♪」と明るい声 よ~く見ると それは シンディローパーになりきったエンジェルクレアのM田さん!

なんと エンジェルクレアの方たちは、上映会に訪れたhuman noteのメンバーへの『サプライズ!』を用意して下さっていたのです

エンジェルクレアさんたちのなりきりスターによる「We Are The World」で幕開けした上映会でした

さあ!

映画「107+1 天国はつくるもの」が始まりました。

内容はぜひ皆さんに見て頂きたいので、ここでは語りませんが、

わたしは、この映画を見てほんとに良かったと思いました。

最近、わたしの中に様々な疑問がありました…

ケニアに歌いに行く意味って何?

バリでどんなことをしてきたの?

ウタのちからって何?

学校めぐりって何が伝えられるの?

みんなは? 子供たちは? ほんとに喜んでるの?

などなど…

もちろん、この映画が直接私の疑問に答えを出してくれるのではないのですが、

てんつくマンさんのこの映画が、human noteの様々な活動とリンクして、わたしにも天国が作れるかも!なんて思えてきました。

てんつくマンさんは「この映画をきっかけに自分なりの天国(笑顔)をどんどん増やしていきたい」って言ってます。

わたしたちが楽しく歌う事で、

たくさんの子供たちが、
おじいちゃんおばあちゃんが、
病気と戦ってる人が、
学校に行けない子たちが、
いろんな事情で親と暮らせていない子たちが、
貧しいアフリカの子供たちが、
笑顔(=天国)になってくれる。

そして、その笑顔からわたしたちがパワーをもらえる!

自分がそんなすごい事ができるチャンスの中にいるんだなという事を実感しました。

『死んでから天国にいって幸せになってもしょうがない。生きてる現在(いま)を天国にしてしまおう!』

映画のタイトルは『107+1~天国はつくるもの~』。108という数字は、原子の数で、水も酸素と水素が出逢うことによって水になる。
人も同じで人と人が出逢えば大きな力になる。という意味があるそうです。

映画には最初から最後まで、たくさんのメッセージが詰まっていました。

映画を見終わった後、「みんなに観て欲しい!」と思いました。

きらりからは私ともんちゃんと萌ちゃんが、参加しました。

萌ちゃんのしっかりとした感想を聞き、うちの子供たちにも絶対見せなきゃって思いました。
「ぜひ、きらりでも 上映会をしたいね」と話をしました。

その時はぜひ 皆さんご家族で見て下さいね。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。