-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-16 23:59 | カテゴリ:ライブ報告
1/16(日) 神戸市長田区の兵庫県立文化体育館で、昨年に引き続き「震災祈念500人のゴスペルコンサート」が開催されました

天気予報は 交通機関がマヒしないかと心配でしたが、キーンと冷え込んで、小雪ちらちら…
めっちゃ寒いけど、会場に足を運ぶには問題なさそうです!!

まずは、全員集合してのオリエンテーション。控室の確認や注意事項の説明。
今回は会場となっている県立文化体育館さんのご厚意で、全館貸し切りにして下さいました。控室も昨年より余裕のあるスペース、とてもありがたいですね・・・

一般参加の方も加わったリハーサル! かわいいちびっこシンガーは既にエンジン全開 元気に歌ってくれました


本番の始まりは、スライドショーから・・・・

◆human noteステージ◆
 ・よろこびのうた
 ・幸せって
 ・みんなトモダチ
 ・ごはんの唄
 ・地球兄弟

ライヴは生バンド。バンドの方の演奏は、カラオケとは違いとってもパワーがあり、ワクワクします。
(個人的には地球兄弟の間奏のEギターを聞くと、ライヴやなぁ~と感じます)
その分、リズムキープが難しかったりしますが、そこをしっかりできるチームになれるといいね!! 


次は今回のゲスト「花*花」さんのステージ
お二人のハーモニーはとっても素敵 トークは関西人ならではの軽快さ! それぞれがピアノを弾きながら歌うのも新鮮で、魅力満載のステージでした


フルゴスペルに向けて再びスライドショー

地震から既に16年が経ちますが、人の心にはまだまだ深い悲しみや痛みがあります。しかし、街はもう震災の面影を残しません。私たちは、悲しい大災害の事実を風化させることなく、後の世代に伝えていかなければならない。と同時に、今災害の被害に直面している地域の人を同じ災害にあった神戸の人が元気づける事ができないかと考え、今回一般参加シンガーの皆さんには、ハイチへの支援物資(タオル・おもちゃ等々・・・)の提供にご協力いただきました。そして、会場ロビーではお客さまに募金をお願いしました。
多くの皆さんに賛同していただき、予想を上回る提供をいただきました…皆さんのお気持ちの表れです。
お預かりした、物資・募金は2月にリーダーの寺尾先生が現地に直接届けに行きます。

その模様は、またこの神戸で皆さんにご覧いただく約束をいたしました。

◆フルゴスペル◆
 ・見上げてごらん夜の星を
 ・涙のチカラ
 ・しあわせ運べるように

出演者全員、心をこめて歌いあげました。
ラストの曲「しあわせ運べるように」神戸っ子ならみんなが知っている曲です。震災を知らない世代にもこの曲は歌い継がれていきます。
(兵庫区に住む姪っ子(8歳)も当然のように歌えました。「じしんの歌」って言ってて、神戸っ子ではないウチの娘が知らないのを不思議がってました…)

この曲にこめられた気持ちが強く響いて、涙で歌えないメンバーもいましたね。
一人一人が心に感じ、思いを伝えることができたのではないでしょうか・・・


終演後の打ち上げでは、一般参加の方に「参加のきっかけ」をお伺いしました。。。
昨年の須磨離宮のライブだったり、鉄人前のストリートライブだったり、大阪でのライブだったり・・・皆さんウタの力に賛同してくださってのご参加だと知り、日頃のライブの成果が認められた気がして、メンバー一同とても嬉しかったです!皆さんありがとうございました。

こんな風に感動できたのも、ライブが成功したからですね。
陰で働いてくれたメンバーや、このライブを支えてくださった全ての皆さんに感謝します。


ありがとうございました




 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。