-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-11 23:59 | カテゴリ:レッスン・練習
1/10&11と1.17の震災コンサートに向けてのバンドリハーサル及び全体練習がありました

まず、1/10のバンドリハから…

場所は、いつもの芦原橋の浪速人権文化会館大ホール、バンドリハーサルは午後からだったのですが、午前中10:00~13:00はhuman noteの合同練習がありました。
「輝」はここで当日の流れ&ステージの立ち位置表を受け取りました!これをもらうといよいよやなぁ 
合同練習は本番に向けての最終チェック!!先日行われた、リードシンガーのオーディションで決定した方が紹介され、本番同様にステージで歌いました 最初みんな『この人、どんな歌い方するんやろう???』って、リードシンガーの歌を聞いてしまい、コーラスの入りが弱かったねxxx自分の持ち場は、気を抜かずにしっかり歌いましょう
練習後、14:00まで昼休憩 舞台ではバンドの方達が来られ、セッティングをされてました。

午後からはバンドの方と交えてのリハーサル いつも練習しているオケとは違い、カッコイイフレーズやアレンジも加わって迫力満点 ただ歌に入るタイミングや間奏部分のXタイムなど、いつもとは違うので要注意 先生が次の動きを支持するので、見逃さないようにねぇ~~!!
そして、16:00~は大阪会場の一般参加の方も参加! 人数も増えてホール全体に歌声が響き渡ります 先生も言ってたけど、この人数でこんだけ鳥肌たつんやから、当日は凄い事になりそう~~~
大阪会場のレッスンは毎度の事ですが、今回も終了が1時間延びてしまいましたね、皆さんお疲れ様でした…。

1/11は、震災コンサートの会場“神戸県立文化体育館”での全体練習です。

練習は午後からでしたが、お手伝いのhuman noteのメンバーは、配布資料のセッティングなどもあり午前中から集合しました。
まず配布資料のセッティング。当日の配布資料に5枚の大きさの違うチラシがあって、それをまとめて封筒に入れるっていういわゆる『流れ作業』だったんだけど、作業のプロ発見!! いつもhuman noteではクワイアの指揮をしてくださったり、私たちに的確なアドバイスをしてくれるsuwanさん!すごいですよ 作業は3人1組だったんですが、私とパルナス♪さんが2人で必死にやっても追いつけませ~ん怠けてた訳ちゃうねんけどなぁ~。作業が終わってから、体育館の担当者の方と一緒にステージまでの動線や控室の場所・待機場所を下見しました。ステージに上がるために階段を上り下りする必要がないので、とってもスッキリ!迷うことはなさそうです

震災コンサート全体練習①

13:00から第一回目の全体練習です。一般参加シンガーの皆さんは、当日の待機場所である4階の座席へ。ステージは真正面ですがかなりの距離!ステージ上の先生はマッチ棒くらいにしか見えへんわ~そんなシチュエーションでの発声練習は、ちょっと可笑しかったです!会場では当日のシュミレーションを兼ねて背の順に並び、立ち位置を決めを行いました。アルトとソプラノは人数が多いので、大変そうでしたね~! 当日はこの約3倍の人数になるので、益々時間かかりそうでもシュミレーションが出来たのは大きな収穫でした
二回目の練習は体育館フロア内に集合で、一回目と同様、身長で並んで行きます。私は同時に行われたストリートライヴに参加だったので、その後の練習は見れなかったのですが、ステージに上がった感想はどうだったんかなぁ。

震災コンサート全体練習②

あとは本番を待つのみ。。。。
当日、800名近いシンガーが団体行動で動くことになります。その中には骨折されて松葉杖の方や、障がい者の方、年齢により足腰に不安のある方…色々いらっしゃいます。でも歌でつながりたい!という気持ちはひとつ 団体での行動は時間がかかったり、自由な時間が制限されたり……苦労もたくさんあるけど、そんな“しんどい”ことが吹き飛ぶくらいの大きな感動を一般参加シンガーの方たちと味わえるように、私たちhumannote一人一人がホストになって、皆さんをお迎えしたいと思います。そして、観客の皆さんには、今度はシンガーとなって参加したい!と思っていただけるようなライヴになるよう頑張ります

どうか事故なく無事に終えられますように…エンディングを笑顔で迎えられますように…アップロードファイル

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gospelkirari.blog86.fc2.com/tb.php/166-53197b0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。