-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-04 11:58 | カテゴリ:レッスン・練習
昨日2/3(火)、2回目の五区自主練がありました
今回、私用で参加できなかったので、またまた“りょうちん”にレポートしてもらいま~す


第2回5区合同練習

合同練習も2回目。今日は平野区の「Mary」&「Cosmo」・天王寺区のメンバー・鶴見区の「種of力」&「輝」が集まりました。
「ウタのタネ」にはhuman noteとして出演するメンバーばかりだったので、human note曲を中心に練習しました。

①地球兄弟
ユニゾン部分・スキャット共に、思い切りよく入りましょう。その為には、音をしっかりと取れていないといけません
自信を持ってスパーンと入れるよう、しっかり音取りしておきましょう。
ユニゾン後の「思い浮かべてみよう~」からのスキャットは、山を描くように抑揚をつけて。

②I'm Available To You
ステージングを意識しての練習。
動き始めるところ・止まるところ・パーンとエネルギーを放つところ、先生の求めているものをしっかり理解し、メリハリをつけて表現しましょう。
歌も、もっとメリハリを。ウィスパー・強いところ・柔らかいところ、しっかり伝わるように表現しないと、お客様を退屈にさせてしまいます。

③The Seeds Of Love

「seeds」は「シー」ではなく「スィー」で発音した方が、英語っぽ~くなります。
サビ部分の「seeds of love(スィーゾーラアァ~~~)」は、大空に向かって心を解放するような気持ちで。
Bメロスキャット「Woo-」は出来れば16beatのビブラートを効かせて欲しいのですが、「出来なーい!」という方は「Wooー・-・-・-・」という感じで歌うとよいでしょう。
「seeds of love~」1回だけのところ、もう絶対間違えないで~次の展開をしっかり意識して歌えば、このようなミスは起こりません。これ、本番でやってしまうのを想像すると、めちゃめちゃコワイです・・・

④街の灯り

スキャット部分は、音の上がり下がりに合わせて抑揚をつけましょう。
スキャット・日本語詞部分ともに、平板に聴こえることのないように、出来るだけドラマティックな感じになるよう心掛けて。

「ウタのタネ」まであとわずかですので、そろそろ歌詞はしっかり頭に入れましょう
歌詞を覚えないことには、次の段階(表現・ステージング)に進めません。

あとは、言葉のはめ方に苦労されている方が何人かいらっしゃいました。
歌詞を見ながら『文字』を当てはめようとすると、うまく歌えないようです。字余りのようになって、ずれてしまいます。もう、そのような場合は、『文字』は置いといて「耳コピ」しましょう。(先生も、その方式のほうがお好みのようですしね・・・)
そして、出来るだけ簡単に発音できるよう工夫しましょう。
『地球兄弟』の「Love the one you're with」は、もういっその事「ラッダワンヤウィッ」でよいのです。
『Available』の「now I'm free and I just want to be」も、いっその事「ナァーアンフィー エンダァィジャスワァーントゥビィ」でよいのです。
「輝」のレッスンに付き合っている子供たちなんて、完全耳コピ、歌詞なんてサッパリわかっていませんが、発音は素晴しいですもんね。

5区合同練習も残すところあと1回。
各クワイアの通常レッスンと重なる場合もあって、なかなかみんな揃ってという訳にいきませんが、
どんな小さなことでも構いませんので、わからない点・不安な点はこの練習の場でどんどん出し合ってみんなで解決しておきましょう
「ウタのタネ」本番で完全燃焼できるように、ね

いつも思うけど、りょうちんのレポートはめっちゃ的を得ていて分かりやすいね 次の自主練習は13日です! 最後一曲だけ一緒に歌わせていただきましたが、みんな確実にステップアップしてるのが今回参加しなかったことで、良くわかりました human note合同練習では質問できないことでも、この場でなら気軽に話せると思うので、不安をなくして本番に挑みましょう

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gospelkirari.blog86.fc2.com/tb.php/61-1c305d6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。